結果を出せる人が行っている6つの習慣!結果を出すなら○○が必要

スポーツ選手のためのメンタル強化
この記事は
何かで結果を残したい人
仕事を頑張っている人
向上心が強い人
なんでも頑張りたい人
このようなことを思っている人に特におすすめです。
この記事を読むことで、あなたが結果を出せる確率は格段に上がるはずです。
ともこ
ともこ
結果を出せる人と結果を出せない人何が違うのか教えて!
ともまる
ともまる
6つの習慣の違いがあるんだよ!

今回は結果を出し続ける為に必要な6つのことを紹介していきたいと思います。

世の中にはずっと結果を残していく人がいますよね?

トップアスリートの人は、伸び悩んだ時期があってもここぞという時には結果を出し続けていますよね?

実はそういう人たちを分析すると6つの共通する特徴があります!

その特徴を自分にも取り入れられたらいいと思いませんか?

その手助けを出来るような記事を書きたいと思っています。

この記事を最後まで読んでもらえれば、結果を出し続けていく自分になれているはずです!

あなたの人生が変わる!?入会するべきジムの情報!

テスト


テスト

結果を出すために成功者がやっていること6選

早速、結果を出し続ける人の特徴を書いていきます。

結果を出し続ける人の特徴
・新しい発想、技術を試みる
・受け身ではなく、能動的に行動する
・自分自身に正直である
・今この瞬間に集中する
・思い込まない、決めつけない
・成功も失敗も振り返りを行う

トップアスリートや仕事の出来る人はこの辺りの特徴が似通っています。

この6つの内容を1つずつ解説していきます!

結果を出す人は新しい発想、技術を試みる

トップアスリートや出来る人、結果を出せる人の特徴の1つとして、新しい発想、技術を試そうとします。

例えば、水泳競技での革命的な技術の進歩の例でお話します。

2012年〜13年あたりにバケットターンというものが作られました。

これは、個人メドレーの背泳ぎから平泳ぎへの切り替わりの動作が、従来のものから大きく変わった衝撃的な出来事でした。

従来のターンの動画

バケットターンの動画

動画を見て貰えばわかると思いますが、従来のターンよりバケットターンの方動作が素早くなっています。0.1秒を削るスポーツである水泳にとってはこの違いがとても大きなものになりました。

さて、トップアスリートの人たちはどう行動したと思いますか?

結果として、次の日本選手権では決勝に残る選手のほとんどがこのバケットターンを使用していました!

ここから分かるのは、結果を出し続ける人は

良いものを試し、貪欲に吸収していこうという姿勢を持っている。

ということです。

結果を出すために見習いたいですね。

結果を出す人は受け身ではなく、能動的に行動する

結果を出し続ける人は、基本自分で考え自分から行動を起こします。

その際大切な事は、失敗を恐れない事です。

失敗を怖がって行動出来なくなると受け身の状態になります。

そうすると成長しにくくなってしまいます。

失敗を恐れず、自分の考えを持って行動してみましょう!

そして、別の項目で詳しく書きますがその起こした行動に対し成功でも失敗でも振り返りを行ってみてください!

結果を出す人は自分自身に正直である

結果を出し続ける人は、自分の想いを大切にします。

わがままとは少し違います。

自分がいいな、やった方が自分の為になるなと思うような事があれば行動に取り組みましょう!

やりたいと思ったら、即行動です!

結果を出す人は今この瞬間に集中する

結果を出し続ける人は、今日やるべきことを集中して行います。

「明日やればいいや」と考えてしまうのは危険です。きっと明日になってもやりません。人間怠けてしまうとどうしても出来なくなってしまいます。

なので、やるべき事がある場合は出来る限り集中して取り組む事が結果を出し続けるための秘訣です。

結果を出す人は思い込まない、決めつけない

新しい発想、技術を試みるの項目でも話しましたが、結果を出し続ける人は色々と新しい事を試します。昔の成功体験だけにとらわれません。

「昔はこの方法が上手くいったから次も必ずこの方法が上手くいく!」

などと考えてしまうのは要注意です。

長く同じことを続けていると、これが当たり前と思ってしまうことがあると思います。

これは成長を止めてしまう一因となってしまいます。

ただし、昔の経験を参考にするのは間違いではないということを伝えておきます!

私が言いたいのは、過去の経験を鵜呑みにしすぎてしまう事が要注意だと思っています。

上手くいくかもしれないし、いかないかもしれないという事を念頭において行動すると成長のきっかけになります。

結果を出す人は成功も失敗も振り返りを行う

6つ目は1番大切な事です。

結果を出すために振り返りを行いましょう!

振り返りとは、

自分の起こした行動に対し良い部分は褒め、良くなかった部分は改善しようと反省することです。

学校の勉強でも復習しろと先生から言われたことがありませんか?

人間無意識的にやったことって直ぐに忘れてしまうものなのです。

せっかく考えて行動したのに忘れてしまっては勿体無いと思いませんか?

しっかり自分の行動を省みる事が結果を出し続ける秘訣と言えます。

結果を出す為に必要な事まとめ

結果を出すために必要なことまとめ
・新しい発想、技術を試みる
・受け身ではなく、能動的に行動する
・自分自身に正直である
・今この瞬間に集中する
・思い込まない、決めつけない
・成功も失敗も振り返りを行う

いかがだったでしょうか?

もしかしたら、これだけではないかもしれませんがトップアスリートや仕事の出来る人の多くはこういった特徴があると思います。

言葉で書くのは簡単ですが実行するのはとても難しいことだと思います。

もし、自分も出来そうだなって思えるものがあれば是非真似してみてはいかがでしょうか!

以上、ともまるでした。

あなたの人生が変わる!?入会するべきジムの情報!

テスト


テスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました