水泳で運動神経は身につくのか?子供の習い事にすべき3つの理由

子供向け
この記事は
水泳についてもっと知りたい
水泳を子供に習わせたい 
水泳って体にいいって聞くけど本当?
子供を元気に育てたい
このようなことを悩んでいる人に特におすすめです。
この記事を読むことで、あなたの子供に水泳を習わせたくなるはずです。
ともこ
ともこ
水泳って子供のうちから習わせた方がいいのか教えて!
ともまる
ともまる
健康的な子供に育てたいならおすすめだよ!

 今回は、水泳は子供のうちに習わせるべき?何のためにするべきか?メリットは何か?を教えてほしい!という質問があったのでそれについて答えていきます。

あなたは水泳を習い事とするメリットをご存じでしょうか?
また、水泳は子供の習い事にいいという話は聞いたことはあるけど、具体的に何が良いのかご存じですか?

実は、水泳には子供の脳の発達を助けたり、身体の使い方が上手くなったり、集中力が身についたりなど様々なメリットがあるのです。

この記事では、水泳を子供に習わせらることで得られるメリットとデメリットについてお伝えしています。

この記事を最後まで読んでもらえれば、水泳を子供に習わせるべきと分かってもらえると思います。

あなたの人生が変わる!?入会するべきジムの情報!

テスト


テスト

 

子供に水泳を習わせるなら何歳からにすべきか?

まずは、子供に水泳を習わせるなら何歳からにすべきかについてお話していきます。

結論から言うと、早ければ早いほど良いです。
運動が得意な子供にしたいなら遅くとも小学生に上がるより前に習わせ始めるのがベストでしょう。

一般的に運動神経は幼児期に著しい発達がみられます。
あなたも経験があるかもしれませんが、今の状態で何かを習得するのと子供の時に何かを習得するのでは、子供時代の方が圧倒的に早かったと思います。
その原理と同じようなものです。


小学生の上がるまでの運動は筋力を余り使わず素早く動いたり、身体を使いこなしたりする動作を必要とするスポーツが適しているのです。

水泳は水圧を全身に受ける運動のため、バランス感覚や心肺能力の発達を促進します。
さらに、スイミングクラブなどで培える、水への安全性や集団との協調性で人間関係の構築が上手い子供に育ちやすくなります。
なので、水泳は子供の成長を助けるために適したスポーツといえます。

水泳を子供に習わせるメリットは?運動神経が身につく以外にも?

さて、子供に水泳を習わせるのは早ければ早いほど良いとわかってもらえたかと思います。

では、具体的にどのようなメリットが水泳にあるのかを見ていきます。

水泳で得られるのは大きく分けては4つあります。

水泳を子供に習わせるメリット
・バランス感覚が身につく
・心肺能力が向上する

・骨格成長を促進する
・瞬発力や判断力が身につく

子供に水泳を習合わせるとバランス感覚が身につく

子供に水泳を習合わせるとバランス感覚が身につくというメリットがあります。

水泳は水の中のスポーツです。
そのため、重力がないため、陸上と感覚が異なります。
陸上とは全く違った空間で身体を動かすことになるので、水面に対して水平に身体のバランスをとらなければなりません。

そうすると、普段使わないバランスを保とうとする神経を刺激するので、子供のバランス感覚の向上につながります。

このバランス感覚が子供に身につくと、体幹の強さや姿勢の良さなどにつながっていきます。

子供に水泳を習合わせると心肺能力が向上する

先ほども少しお話ししましたが水泳を子供に習わせることで心肺能力向上が見込めます。

水の中に顔を付けるため、常に呼吸することができないのが水泳です。
息継ぎは水圧に逆らいながら行うため、呼吸をする際の肺への負担が大きくなります。
また、水泳は全身運動であるのでエネルギーを多く消費します。
そのため、血液循環の中で酸素の運搬も活性化します。

こういった理由から、子供に水泳を習わせることは心肺機能向上につながります。

子供に水泳を習合わせると筋力向上と骨格成長が促される

子供に水泳を習合わせると筋力向上と骨格成長が期待できるというメリットがあります。

水泳は全身運動といわれるだけのことはあり、ストロークをするだけでも大胸筋や上腕二頭筋、広背筋、僧帽筋などさまざまな筋肉を使う必要があります。
また、バタ足などでキックをすることから足回りの筋肉も鍛えることができます。

そのため、バランスよく身体の筋肉を鍛えることができます。

さらに、こういったストロークによる筋肉への刺激を与えていると骨にも影響を与えます。
例えば、水泳選手の特徴として、肩幅が広くなります。

これは、子供が泳ぐ中で筋力が鍛えられ同時に骨も大きくしないと体に収まらないことから起こる作用です。
ちなみに、骨格が成長するのは成長期に泳いだ場合のみのため、大人になって水泳を始めて骨格が成長することはありません。

筋肉や骨格がしっかりとするので健康的な子供に育ちやすいのが特徴です。

子供に水泳を習合わせると脳の瞬発力や判断力が身につく

子供に水泳を習合わせると身体だけではなく脳の瞬発力や判断力が身につくというメリットがあります。

水泳をしていると、色々な判断を身体が行います。

水の冷たさによる刺激や息継ぎをするタイミング、泳ぐ距離などいろいろな判断を泳ぎの中で行っています。

身体を動かしながら、瞬時に息継ぎするタイミングを考えることで、判断力や反応能力を向上させることができるのです。

水泳を子供に習わせるデメリット:陸上での運動神経が身につきにくい

ここまで水泳を子供に習わせるべきメリットについてお伝えしてきましたが、デメリットもあります。

特に子供を運動のできる子に育てたいと思っている親御さんにはよく読んでもらいたい内容です。

水泳を子供に習わせることのデメリットと言われているのが、陸上での運動神経がほとんど身につかないということです。

基本的に身体を使った運動神経とは、走る、跳ぶ、投げる、触る、泳ぐ、登る、這うなどの動作があります。

問題なのは、泳ぐという運動神経を他のスポーツに応用できないということです。

泳ぐ感覚というのは水の中でしか得られないものです。
そのため、泳ぐ動作は走ったり、跳んだりする動作の向上に役に立たないのです。
また、水泳は自分の身体を使う競技なのでバットやラケットといった自分の身体より先にあるものを使うというのが苦手になりやすい傾向があります。

つまり、水泳を習わせるだけだと陸上での運動神経が身につかないため、野球やテニス、サッカーなどのスポーツは苦手になりやすいのです。

もしお子さんに水泳だけを習わせているのであれば、水泳選手以外のスポーツ選手になれる確率が著しく減ってしまうことになります。

 

もちろん、水泳を子供に習わせた時のデメリットを回避する方法もあります。

それは、陸上のスポーツも習わせてあげることです。

特に、跳んだり投げたりする競技を習わせてあげると良いでしょう。

それだけで、水泳で運動神経が身につきにくいというデメリットを解消することができます。

むしろ水泳で心肺能力を鍛えつつ他のスポーツにも取り組めるので他の子よりも圧倒的に優れた運動神経を手にすることができます!

あとは、お子さんの時間とお金の問題があるので、折り合いをつけて習わせてみると、お子さんの成長の幅がぐっと広がりますよ!

水泳で子供の運動神経は身につくのか?まとめ

水泳で子供の運動神経がつくのか?まとめ 
・健康な子供に育ちやすい
・運動神経は育ちにくい
・他のスポーツと組み合わせると効果は絶大

いかがだったでしょうか?

水泳はあなたのお子さんにとってメリット尽くしであることが分かってもらえたと思います。

多少のデメリットもありますが、あなたの行動次第でデメリットをメリットに変えることができます。

是非お子さんに水泳を習わせてみてはいかがでしょうか?

以上、ともまるでした。

あなたの人生が変わる!?入会するべきジムの情報!

テスト


テスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました