水泳をするメリットは?あなたの生活が上向く7個のメリット

心を落ち着かせる
この記事は
水泳についてもっと知りたい
水泳をやる意味を考えたい
水泳って体にいいって聞くけど何がいいの? 
健康的に痩せたい
このようなことを悩んでいる人に特におすすめです。
この記事を読むことで、あなたが水泳をすべき理由が分かるはずです。
ともこ
ともこ
水泳のメリットは何か教えて!
ともまる
ともまる
大きく分けて7つの効果があると考えられるよ

 今回は、水泳は何のためにするべきか?メリットは何かを教えてほしい!という質問があったのでそれについて答えていきます。

あなたは水泳をするメリットをご存じでしょうか?
また、水泳は身体にいいという話は聞いたことはあるけど具体的に何が良いのかご存じですか?

実は、水泳には筋肉がついたり、カロリー消費が多い以外にもメンタルに影響を及ぼしたり、アンチエイジングに効果があるなど様々なメリットがあるのです。

この記事では、水泳をすると得られるメリットについてお伝えしています。

この記事を最後まで読んでもらえれば、水泳をする魅力をこれでもかと分かってもらえると思います。

あなたの人生が変わる!?入会するべきジムの情報!

テスト

テスト

水泳をするメリットは?

水泳をするメリットは大きく分けて7種類あると考えています。

水泳をするメリット
・健康促進効果がある
・筋肉が増える
・痩せやすくなる
・身体への負荷が小さい
・メンタルが安定する
・安眠しやすくなる
・アンチエイジングにつながる
それぞれ詳しく見ていきましょう。
 

水泳をするメリット:健康促進効果、筋肉が増える、痩せやすくなる

水泳をするメリットでまず一番最初に思い浮かぶのは、健康になれること、筋肉がつくことと痩せやすくなることだと思います。


一般的に、20歳から65歳の人が健康でいるためには、一週間で最低150分の有酸素運動が必要だとされています。

しかし、水泳は全身を使った運動で消費カロリーが多いため、速めに泳ぐなら75分程度で十分とされています。

これだけでも、水泳は効率のいいスポーツだと理解してもらえると思います。

また、泳ぐことで腕や背中や足をすべてフル稼働させるため、全身の筋肉を使うことができる運動のため筋力もアップさせることができます。

そのため、水泳を頑張っている人なら特に腕や上半身、太ももの筋肉に負荷がかかり、シェイプアップに繋がります。

さらに、全身の筋肉を使った有酸素運動なので、脂肪燃焼効果が高いといえます。

フィットネス目的で泳ぎたいときは、単純に泳ぐスピードを上げれば、健康的な身体を作ることができつつ、筋肉もつけることができる。

ちなみに、ここで付けられる筋肉は遅筋が多いので、いわゆるムキムキになれるような筋肉はつかないのでご注意ください。

脂肪燃焼と持久力に特化した筋肉をつけることができるのが水泳のメリットです。

水泳のカロリー消費が気になるなら以下の記事がおすすめです。
https://www.minato-sports.jp/swimsyouhiryo/

 

肩こり解消にも効果があり

水泳をやることで得られる健康促進の効果の一つとして、肩こりの改善があげられます。

泳ぐ際に肩の周囲の筋肉を動かすことで血行が良くなるからです。

クロールや背泳ぎを泳ぐことで、肩こりの原因になっているといわれる僧帽筋の可動域を広げることができ、肩こりが改善するのです。

足のむくみの解消にも役立つ

水泳をやることで得られる健康促進の効果の一つとして、足のむくみ改善にも役立ちます。

これは水中と陸上でかかる圧力の差が要因となっています。
水中では水の圧力によって、陸上にいる時よりも大きな圧力がかかります。

そのため、プールの中に入っているだけでも足回りに水圧がかかりるので、心臓に血液が押し戻される働きが陸上よりも強く行われ、足のむくみも解消されます。

また、バタ足をすることでも足回りの筋肉が刺激されることでむくみ解消のきっかけになります。

血圧の改善に役立つ

水泳をやることで得られる健康促進の効果の一つとして血圧改善にも役立ちます。
高血圧の原因には、塩分の摂りすぎや喫煙のほかに、身体活動量の不足があります。そのため、高血圧の改善には、食事療法や薬物療法に加えて、水泳のような中等度の有酸素運動による運動が効果的です。

水泳をするメリット:身体への負荷が小さい

水泳は有酸素運動でありながら低衝撃のスポーツです。

そのため、ランニングが大変と感じる人、ひざや足首を痛めている人にも、走るより泳ぐのがオススメといえます。

ちなみにカロリー消費量でも水泳の方が勝っているのでダイエットしたいのであれば、ランニングより水泳の方がいいと私は考えます。

ちなみに、ランニングを行うと、腰・足首・ひざに体重の5~10倍の負荷がかかるといわれています。

一方水泳は水が体を支えてくれるので、関節や筋肉や骨への衝撃が陸上よりも90%近くも減らすことができます。

妊娠中も安全に運動できる

水泳をやることで得られる負荷軽減として、妊娠中も安全に運動ができることも特徴です。

もちろん妊娠している最中に無理な運動は避けるべきですが、水泳は体への衝撃が少ない分、胎児にも問題なく運動ができる唯一のスポーツといえます。
マタニティスイミングが流行っているのも身体を安全に動かすことができることが理由です。

さらに、妊娠の初期から中期にかけて水泳をしていた人のほうが早期陣痛などのリスクが少ないという研究結果もあるようです。

もしあなたが妊娠して身体を動かしたいと考えるのであれば水泳を第一候補にすると良いかもしれません。

怪我中も安全に運動できリハビリになる

もし、あなたが怪我や関節痛に悩んだとしても水泳をすることは特におすすめです。

プロのスポーツ選手もリハビリとして水泳を行いますが、私たちが不調に陥った時も積極的に水の中で運動をすべきといえます。

水泳は、水に支えられているので体の重みを感じないため、関節への負荷が減ります。
水中は陸上ではできない運動をするのに最適な場所なのです。

水泳をするメリット:心が落ち着く

水泳がメンタルに及ぼす影響は大きく分けて2点あります。

水泳がメンタルに与えるメリット
・スマホがいじれないこと
・幸福感を与えるホルモンが出る

水泳はスマホをいじれない

まず、水泳はスマホを使えない数少ないスポーツであるといえます。

現代人は常にパソコンやスマホを見ていますが、水の中にいるときだけはデジタルな刺激を受けずに過ごすことができます。

それだけでも、日常のわずらわしさから切り離されることができるので、水泳のメリットといえます。

水泳は幸福感を与えるホルモンが分泌する

また、水の中で無心になって泳ぐことによって、体を動かすことができるので気分転換やストレスの解消につながります。

適度な有酸素運動には、心と体をリラックスさせて、ネガティブな気持ちを発散させる効果があるります。

つまり泳ぐだけで、あなたの心理状況を大きく改善することができるのです。

習慣的な運動をすることによって、幸福感を与えるホルモンが分泌されるので憂鬱な気持ちをを取り除き、心を健康に保つことができるのです。

ちなみに、12週間プールに通うと同期間ヨガを行うのと同等にストレス解消できるとの研究結果も出ています。

それだけ、水泳がストレス解消に役立つスポーツであるとの証明であるといえます。

水泳をするメリット:眠りやすくなれる

有酸素運動をすることで、睡眠の質が上がるという研究結果があります。

水泳の授業の後は眠くなるという学生時代があなたにもあったかと思います。
それは水泳が有酸素運動で適度な疲労感が得られるたり、自律神経のバランスが整えられたりしていることから、眠りたいと身体が反応している証拠です。

運動する習慣に加えてしっかり睡眠時間を確保するようにすれば、眠りの質が向上し、生活の満足度が向上します。

もしあなたが、寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、早く目が覚めるなどの眠りに関する悩みをかかえているなら、水泳をすることで解消する可能性が高いです。

特に、有酸素運動を行うことでよく眠れるようになります。

水泳をするメリットまとめ

水泳をするメリットまとめ
・健康促進効果がある
・筋肉が増える
・痩せやすくなる
・身体への負荷が小さく続けやすい
・メンタルが安定する
・安眠しやすくなる
・アンチエイジングにつながる

いかがだったでしょうか?

水泳はあなたの身体にとってメリット尽くしであることが分かってもらえたと思います。

理解できたら後は実践するだけです!

ぜひ水泳であなたの人生をより良いものにしてくださいね!

以上、ともまるでした。 

あなたの人生が変わる!?入会するべきジムの情報!

テスト


テスト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました